セルフ・メンタル・ケア
トップページ > TFTの特徴

TFTの特徴


TFTは、その手法自体が他の心理療法等に比べると特徴的ですが、手法だけでなく、その効果や適用範囲に関しても、とても特徴的であり、有効性の高い方法となっています。 主な特徴としては、次のようなものがあります。

 

 

また、TFTは、ある原因に対し、決まった手順を適用する事により、常に決まった結果にたどり着く事から、心の傷に作用する科学と言うことができます。

即効かつ固定的


TFTの最大の特徴(特長)は、この2つ!

 

  • その場で、即、効く。その場で心の問題が解決する。
  • 一度解決した問題(症状)は、固定的で永久に戻ることはない。

 

セラピー実施の際、セラピスト(もちろん、ご自身でも可)は、クライアントに考えてもらった時の不快感を点数化します。最悪の場合を10点。なにも問題に感じない場合を0点として、現在の気分が何点相当かを申告してもらいます。

 

セラピストは、その点数が0点になるようにガイドします。つまり、その場で問題がなくなってしまうわけです。

 

1つの問題、もしくは、1か所に集めてもらった問題を0点にするのに要する時間は15分程度です。もし、クライアントが、すでに何回かセラピーを受けており、早く手順を実施できる場合は、もっと短い時間で済みます。もちろん、様々な複合的な問題が重なっている場合やチューニングがうまくいかない場合は、それよりも時間がかかります。とはいえ、30分とか40分といった程度で、決して2時間や3時間といった時間がかかるわけではありません。おそらく、あらゆる心理療法の中で最速なのではないでしょうか・・・。

 

また、一度解決した問題は、基本的には、「固定的で症状が戻ることがない」。

「基本的には」と記載したのは、食べたもの・飲んだもの、もしくは、香りなど、接種したものによっては、問題(症状)が戻ってくる場合があるためです。

 

問題(症状)を戻す物質は、それぞれ人によって異なります。

例えば、電車の中で強烈な香水をつけている人がいた時に、その香りを嗅いだだけで気分が悪くなるといった経験をされた事がある人も多いかと思います。その不快感として感じるものが、0点まで落としたはずの「(例えば)心臓がドキドキする」などの症状として戻ってくることになります。

 

それと同じ感覚で考えると、わかりやすいかと思います。 なお、経験則ではありますが、不快感など症状の根本原因が古い(幼少期のトラウマなど)ほど、症状が戻る確率は低いようです。 中級以上のセラピストであれば、症状を戻す原因物質を特定する事ができます。 セラピーでは、原因物質の特定と、それが身体に残っている場合に排除する療法も併せて実施します。

クライアントの負担が少ない


一般のカウンセリングなどでは、どうしても、微に入り、細に入り、話してもらう事で原因を突き止めていく必要があります。

 

しかし、TFTでは、クライアントにその事象について考えてもらう・その時の気分になってもらうだけでよく、クライアントの負担が少なくて済みます。もちろん、その時の感情が、不安なのか、怒りなのか等、種類については伝えていただく必要があります。ただし、中級以上のセラピストであれば、クライアントのツボに訊けばいいだけなので、感情の種類を伝える必要すらもありません。

 

言葉のチカラというのはとても強く、不満や怒りの感情を心の中に持っているだけなら、まだしも、言葉にした途端に、深い罪悪感にとらわれる場合もあります。 また、ポジティブな事であれ、ネガティブな事であれ、言葉にした途端に現実化します。特に、ネガティブな事は、現実化する上での障壁が低いので、簡単にそのようになってしまいます。

 

TFTのセッションでは、こういったクライアントにかかる負担が少なくて済みます。 「考えるだけでよい」・「言葉にする必要はない」という特徴は、他にも様々な利点があります。

 

関係者の同席が可能

 

通常の心理カウンセリングの場合、他のカウンセラー等が向学の為に同席を求めても、クライアントは難色を示すのが普通です。 しかし、TFTの場合、そもそも原因や過去の話を言葉にする必要がなく、他のカウンセラーの同席をはじめ、近親者や援助者の同席が、比較的、容易です。

もちろん、お話しいただいた方が、問題点にチューニングしやすくなり、早く解決しますので、デリケートな部分について言葉にしていただく場合は、同席者に一時退席をお願いする場合もあります。

 

数人のグループやセミナーなど大人数の場合でも利用できる

 

言葉にする必要がないので、数人のグループで共通の問題点について話あっていただいた後、それぞれの個別の具体的な問題に焦点を当ててもらえれば、まとめてセラピーを実施することが可能です。

 

当然ながら、大人数を集めたセミナーなどでも、「自分の苦手な人と話をする場面を思い浮かべてください。」といった形で、比較的共通する問題点について考えていただいて、まとめて対処するといった事が可能です。 ただし、この場合は、「体験をしていただく」といったレベルで、セルフケア、もしくは、アルゴリズムレベルでの解決確率となります。

副作用がない!


TFTは、問題について考えていただいた後は、セラピストのガイドに従って、ご自身でツボをトントントンとタッピングしてもらったり、軽く目を動かしていただく程度のことしかしません。鼻歌(ハミング)は1フレーズ(2~3秒程度)ほど、歌っていただきますが・・・。

 

普通で考えれば、「効果があるの?」という疑問は出ても、「副作用がある」とは思えることではありません。

 

あるとすれば、問題について考える事により、「思い出して気分が悪くなる」、「動機がする」、「頭痛がする」など、セラピーそのものにではなく、考えた事により症状が出るといった事でしょう。

ただし、これらは、TFTから見ると、思考場にチューニングできた証拠であり、それが数分後には解決し、しかも、二度と症状が戻ってこないとなれば、そのメリットは絶大です。

 

また、TFTの手順のシンプルさから見てもわかるとおり、暗示でもなければ催眠術のたぐいでもない事は明白です。ましてや宗教でもありません。

 

あくまで個人的な意見ですが、気分に関わる心と身体のバランスをツボを刺激する事で正常な状態にする技術と考えています。また、必ず同じ結果に帰結することから、科学とも言えます。

他療法と相性が良い


TFTは、オカルト的なものは除くとして、あらゆる医療や療法を否定するものではありません。むしろ、組み合わせる事で、より元の効果を高める事ができます。ほとんどの療法に組み合わせられると考えられます。

 

TFTでは、心理的なブロック、もしくは、心身相関を阻害するブロックを取り除きます。

これにより、例えば、処方薬の効果が高まったり、自然治癒力が高まったり(正確には、それまでブロックされていてうまく働かなかった自然治癒力が正常な状態になるという事)、心がリラックスできる事により、筋肉のほぐれがよくなったり・・・と、様々な医療や療法と相性よく使う事ができます。

 

もちろん、他の心理療法との組み合わせも効果的です。 すでに、様々な業種の方が、TFTの資格認定を受けられており、もしかすると、近隣の医療機関や整体、リラクゼーション系の店舗などで、TFTを使える人がいるかもしれません。

 

日本TFT協会のホームページでは、情報公開されているTFT資格認定者の情報を検索する事ができますので、一度、探してみてはいかがでしょうか?

 

医療・看護・介護・整体・教員等の援助職の方々へ

 

医療・看護・介護や、カイロプラクターといった整体師をはじめ、教員などもTFTの資格を取る事ができますので、興味のある方は、アルゴリズムレベルでもかなり強力なツールとなりますので、一度トライされてみてはいかがでしょうか? 日本TFT協会のホームページに専門向けサイトおよび専門家セミナーの案内があります。

Copyright © 2018ハート・リッチ・クリエイティブAll Rights Reserved.