セルフ・メンタル・ケア
トップページ > カウンセリング手順

ご相談・お申込み


カウンセリング・セッションは、クライアント様からのご相談、もしくは、お申込みから始まります。
ご相談、ならびに、お申込みについては、相談・申込みフォームからご依頼いただけます。
また、直接、soudan@hrc-mmc.com までメール送信いただく事でも可能です。

ご連絡を受け取り後、何回かメールでやりとりさせていただいた上で、具体的な実施日時と実施場所を確定いたします。ご相談のみの場合は、メールでのやりとりのみとなります。

カウンセリング開始


自己紹介の後、カウンセリングを開始する前に、「セッションを実施するにあたっての同意書(インフォームド・コンセント)」について、ご説明いたします。

 

内容の詳細については、セッション時の留意事項をご覧ください。

内容について、ご同意いただける場合は、同意書に署名をいただきます。

 

同意書はダウンロードすることができますので、あらかじめ印刷・署名の上、セッション当日にお持ちになっていただければ、時間内により多くの問題を解決する事につながります。

 

まれにですが、お会いした時に、すでにパニック症状になっている等、同意書のご説明が難しい場合があります。その場合は、まず、症状を落ち着かせるタッピングを実施し、落ち着かれた事を確認の上、同意書のご説明いたします。

 

TFTの経験がないクライアント様については、同意書をいただいた後に、タッピング方法の指導を実施します。

 

※セミナーおよび体験会では、すでに同意いただいているものとし、同意書作成の作業は行いませんので、あらかじめご了承ください。

カウンセリングのサイクル


カウンセリング・セッションでは、クライアント様からお話しをうかがい、内容の要約や問題についての明確化を行うカウンセリングの作業と、明確化された問題点についてTFTを用いたセラピーで問題を解決する作業を1サイクルにし、交互に繰り返していきます。

 

カウンセリング・セッションの最初の段階では、問題の根本原因に気が付いておられない場合も多く、カウンセリングの時間がかかりますが、セラピーを実施することにより、根本原因にクライアント様が気が付かれる場合も多く、サイクルごとに、カウンセリングの時間もセラピーの時間も短くなっていきます。

 

カウンセリング・セッション時間は、クライアント様が抱えられている問題の数に依存します。抱えられている問題の数は、人生経験の長さに比例しますので、年齢の高い方の方がカウンセリング・セッション時間は長くなる傾向があります。

心の芯の組み立て


「心の芯の組み立て」作業は、今の自分の元となっているこれまでの経験、特に成功体験を積み上げ、本当の意味での自分らしさを取り戻すとともに、自信に満ちた行動ができるように、自分の芯を作っていきます。

 

また、この作業により、TFTによって問題が解消されることで空いた空間に、新たな問題が入ってくる事を防止する効果も期待できます。

 

元々、TFTを用いたセラピーにより「いつもどこかに引っかかっていた心の問題」や「行動にブレーキをかけていた心の問題」が解消されますので、この対応をしなかったとしても、ほぼ自動的に前向きな自分になっていけます。この為、「心の芯の組み立て」は、クライアント様が希望され、セッション時間に余裕がある場合に実施します。

 

なお、クライアント様が希望されても、カウンセリング・セッション時間に余裕がない場合は、2回目のカウンセリング・セッションを設定し、問題のぶり返しがないかの確認とあわせての実施となります。

カウンセリング終盤


カウンセリング・セッションの終盤では、セッション前の状況からの変化についてご確認いたします。 その上で、パンフレットおよび冊子を元に、「同様の問題が発生した場合」の対処方法について指導します。

※出張対応の場合、タッピング手順をまとめた冊子を差し上げます。

 

ほとんどの場合、1回のカウンセリング・セッションで解決してしまいますが、次のような場合、2回目のカウンセリング・セッション実施についてご提案させていただきます。

 

  • クライアント様からの依頼により、セッションを途中で終了した場合
  • クライアント様の状態からカウンセリング・セッションを途中で終了した方がよいと判断され、日を改めて続きを実施する必要がある場合
  • 問題が多く、時間内にすべての問題が解決できなかった場合
  • クライアント様が希望される場合

 

最後に、カウンセリング・セッション料金を精算して、終了となります。

Copyright © 2018ハート・リッチ・クリエイティブAll Rights Reserved.