セルフ・メンタル・ケア
トップページ > TFT関連書籍レビュー > [雑誌]わかさ 2016年2月号「高血圧特集」

[雑誌]わかさ 2016年2月号「高血圧特集」


[雑誌]わかさ2016年2月号で、思考場療法®(TFT)による対処方法が掲載されました

わかさ 2016年 02 月号 [雑誌]「高血圧が薬に頼らずスッと下がる!」
「あなたの人生をもっと豊かにする健康情報誌 」で、薬を使わすに高血圧を下げる(正常にする)方法として、日本TFT協会理事長の森川先生による記事(p.30~32)とTFTを心理治療に積極的に取り入れられているイーハトーヴクリニック院長の萩原先生による記事(p.28~29)が掲載されました。

<<書籍レビュー>>
そもそも、血圧は、自律神経によって管理コントロールされています。一方で、思考場療法®(TFT)は、自律神経を正常な状態、もしくは、よりリラックスできる状態へと調整する効果があります(科学的には、HRVと呼ばれる数値を測定する事で確認ができます)ので、思考場療法®(TFT)のテクニックが、高血圧への対処方法として効果があるのは当然の事かと思います。
この記事では、主に、鎖骨のツボへのタッピングを中心に記載されていますが、鎖骨のツボは、思考場療法®(TFT)では、頻繁に出てくる重要なタッピングポイントにもなっていますので、高血圧の対処方法以外にも、不安な気分を落ち着かせたり、不眠の改善への効果が期待されます。
なんと言っても、自分自身で、要所となるツボをタッピングするだけですので、いつでも・どこでも実践する事ができ、とてもお手軽に使えます。

Copyright © 2019ハート・リッチ・クリエイティブAll Rights Reserved.