セルフ・メンタル・ケア
トップページ > クライアントの声(トラウマ) > CL#TR4[罪悪感・後悔]

CL#TR4[罪悪感・後悔]


囚われていた罪悪感から解放され、穏やかに過ごせるように。

まだ小さい頃、自分の不条理感の行先として、祖母に辛く当たっている時期がありました。それだけでも罪の意識が強いのに、祖母が亡くなる時には、自分の都合優先で動いてしまった為に、タッチの差で祖母の死に目に会えず、常に罪悪感がつきまとっていました。

 

違う件で先生に相談していた時に、この話になり、この件についてもTFTで対処することになりました。

 

先生がおっしゃられるには、いろいろな事柄をこちゃまぜに考えているとのこと。これらを「辛くあたっていたこと」「亡くなったこと」「死に目に会えなかったこと」の3つに分け、一つずつタッピングで対処していただきました。

また、先生からのお話しで、「血縁関係というのはとても強いもので、一時的に恨みや妬みなどがあったとしても、最終的にはどこかで許しあっている。特に親子の場合では、子供はどんなに酷い親であっても好きだし、親は子供がどんなに手のかかる子であってもかわいいもの。その位、血縁というのは強いものです。」という言葉を聞き、とても気分が落ち着きました。

それと、「御祖母様が亡くなられた事自体は確かに残念なことではあるけど、それは命を全うされたという事であって、君の責任ではありません。」ともお話しされ、タッピングの効果と相まって、スーっと方の力を抜くことができました。

 

今では、とてもやさしい気持ちで祖母の冥福を祈っています。
※あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

Copyright © 2019ハート・リッチ・クリエイティブAll Rights Reserved.