セルフ・メンタル・ケア
トップページ > TFTは心と身体の科学 > 現象論から科学的に確立されたTFT

現象論から科学的に確立されたTFT


脱力の和服女性○○○○サスペンス劇場といったドラマ番組を見た事があるでしょうか?

 

「ご主人が○○でご遺体で発見されました」と伝える刑事。それを聞いたご婦人は、その場で姿勢を崩して座り込む。

 

よく出てくる場面です。(こういった場面の時は、往々にして和服の女性の場合が多いように思えますが・・・)

 

この例ほど、あからさまではありませんが、人は、心理的に受けた影響(食べ物の影響を受ける事もあります)に対して身体の力の入り具合が変わります。

 

こういった現象は、アプライドキネシオロジー(Applied Kinesiology:AK)と呼ばれる筋肉反射などに関する学問で研究されています。カイロプラクティックのテクニックの一つに組み込まれていたり、指の力の入り具合で診断するO-リングテストなどにも応用されています。

 

TFTもこの研究の成果を応用しています。

 

ツボをタッピングする事に関しては、「心理的に問題のある患者が胃の不快感を訴えた時に、胃の治療ポイントであるツボをタッピングした時に、心理的な問題まで解決してしまった」という現象の発見関連書籍等にも記載されています)が始まりでした。

 

この発見以降、心理的問題と力の抜け具合(AKの技術)、それと、特定のツボをタッピングすると力の抜け具合が改善する現象(東洋医学の技術)に着目し、うつ症状や不安感、極度の緊張といった心理的な問題など、これらの事を考えた時に感じる気分や感情ごとに、タッピング箇所やパターンの臨床試験を繰り返し、有効性が認められたタッピングパターンをまとめたものが、TFTアルゴリズム・レベルの技術となっています。

 

つまり、TFTは、現象論から、科学的手法を用いて確立されてきた技術という事になります。

 

TFTアルゴリズム・レベルでは、手順がパターン化されているので、セルフケアとして気軽に使えるものとなっています。ただし、効果的に使うには、心理的な問題になっている感情や気分になる事(チューニングと呼びます)が重要で、セルフケアで効果の確認ができない方は、一度、専門家に相談される事をお勧めします。(個人にパターンがあっていない場合も効果が確認できない事がありますので、その際は、中級以上の専門家にご相談ください。)

 

中級の専門家になると、タッピング・ポイントごとに、身体の力の入り具合をチェック(診断)した上で、個人に応じたタッピング・パターンのアドバイスをする事も可能になります。

 

上級になると、声で判断する技術も習得していますので、電話やスカイプなどのビデオ通話でも対処可能となります。


[全体目次]活き方のヒントへ
[部分目次]TFTは心と身体の科学
Copyright © 2018ハート・リッチ・クリエイティブAll Rights Reserved.